期待値がとても高かったアンリ・ド・ヴィラモンのヴォルネイ85

この輸入ロットは全て当たりなのかもしれません

WINE:

  • ビンテージ:1985
  • 生産者:アンリ・ド・ヴィラモン
  • 産地:ヴォルネイ

日時

  • 2015年12月24日(19時頃)
  • 月齢 -・-・-
  • 栓抜時:潮位(-)方向(-)
  • 当日潮位:満潮(-)干潮(-)

NOTE:

10ヶ月前に飲んだサヴィニー村名がとてつもなく美味しかったので、こちらのワインを期待してしまいます。
購入価格はややこちらのヴォルネイの方が少し高かったのですが、ラインナップとしては同格だと思います。

アンリ・ド・ヴィラモンはサヴィニーを本拠地としていて、サヴィニー・レ・ボーヌ・クロ・デ・ゲットを子供の生まれ年ヴィンテージ数本買い込んでいるお気に入りの生産者(ネゴシアンでもありますが)のひとつです。

今年最初にあたったワイン。そして今年一番でもあったワインが「サヴィニー88」でした。

クリスマスのお手製チキンに合わせてあけるワインをヴォルネイ85にしてみました。
お店の方曰く、

試飲した感じでは、サヴィニーのほうがきれいな酸が切れあがる印象。
ヴォルネーのほうは、そこまでの酸の印象はなかったですが、サヴィニーよりは、
厚みがある印象です。

とのこと。
サヴィニーがすまし汁のような旨さがあったので、厚みを感じるということはちょっと期待しているのとは違うのかもと思いつつ購入したのでした。

抜栓です。ノンリコルクが予想されたのですが思ったより傷みが進んでいません。コルクを折る事なくばっちり抜けて3/4ほどの染み具合で接地面は真っ黒でした。コルクの縁にはキラキラと細かく光る物がありました。

香りはすごくよかったのですが、飲んでみるとやや濃い印象。85でこれだけ濃いとは...
あれっ?と思ったのですが飲みすすめると悪くないです。チキンの個性が強かったのでこれくらいでもちょうどよかったです。
ただ、悪くないという表現があっていてやや渋味が先行していました。

温度があがってくるとどんどんよくなってきたので、セラーからだした低温だったのがミスっていたのでしょう。前回のセラファンも今思えば適温じゃなかったのが失敗でした。

2日目も全然落ちずいい感じでした。そして驚くべきは3日目。底の2杯分だったのですが適温に戻したあとロブマイヤーのブルゴーニュグラスに注ぐと半端なく香りが広がってくるんですよね。1日目よりすごいです。透明感ある液体でサヴィニー88に迫るような綺麗さをみせてくれました。2杯目は細かい澱が混ざった本当の底の部分。1杯目が旨かったので底を残すなんてことができませんでした。

これが、予想外にうまい。2日目にもっと残しておけば良かったと後悔しています。
ネゴシアンのワインですが、さすがとしか言いようがありません。これだけ綺麗に熟成するならケース買いしたいほどです。ただ、当時とは作りも違うし保管環境も違うので20年経ったからといって同じような結果は期待できないですよね。

バックヴィンテージがでたらまた購入したいのですが、ワインの値段自体が高くなっているのでお値段次第というところでしょう。

photo

3日目の1杯目の写真。

ヴォルネイの大御所のワインだったのですが・・・

最近デジカメを新調しました!いつもと違う感じでパシャリ。

WINE:

  • ビンテージ:2004
  • 生産者:マルキ・ダンジェルヴィーユ
  • 産地:ヴォルネイ
  • 畑:フルミエ・1er

日時

  • 2013年2月23日(20時頃)
  • 月齢 -・-・-
  • 栓抜時:潮位(-)方向(-)
  • 当日潮位:満潮(-)干潮(-)

NOTE:

ジャン・ボワイヨのヴォルネイの2004が美味しかったので、全般的に2004はそろそろ飲み頃になってきたんだろうと思って栓抜したのですが、まだまだ早かったです。
瓶を光にかざすと透明度があり黒さが落ち着いていることもあっていけると思ったんですけどね...

香りはすごく立ちこめるくらい開いていたのですが、ワイン自身はタニックで2004と言われてもラベルを見るまで信じられないかも。ワインから感じとれるベースのクオリティは実感できるのですが、状態が完璧でないからなのかピュアさがないんです。このワインもあと8年〜10年くらいしてから飲みたいワインでした。

きっと、このタンニンが落ち着いて一体感がでてきたらすごいんだろうなという期待感が持てる分、もったいなさすぎです。

個人的には今の状態は連続でおかわりはできないなぁ。肉料理など強めの料理がないと単品で1本はこのワインを活かしきれません。

でも、あけないとわからないので飲む事は大事ですね!次にあけた時に素晴らしい状態である事を願います。

畑とワインの状態でやはり同じヴィンテージでも全然違った

今飲んですごく美味しいと思ったワインを探して飲んでみた話です

WINE:

  • ビンテージ:2004
  • 生産者:ジャン・ボワイヨ
  • 産地:ヴォルネイ
  • 畑:クロ・ド・ラ・ルジョット(1er)

日時

  • 2012年12月3日(18時頃)
  • 月齢 -・-・-
  • 栓抜時:潮位(-)方向(-)
  • 当日潮位:満潮(-)干潮(-)

NOTE:

平野弥さんで飲んだジョン・ボワイヨがやたらと美味しかったので買い足そうとしたら、やはりというべきか、「(今)美味しい物ってみんな求めていて、薦めてしまってすぐに売り切れてしまいました」とのこと。やっぱ、これはすごく美味しい!と思ったものはすぐにリピート購入しておくべきですね。

楽天で同じジャン・ボワイヨの2004のヴォルネイ1erが売っていないか探してみたところ、同じワインはありませんでしたが、セール価格でクロ・ド・ラ・ルジョットという畑の在庫があったので、試しに買って飲んでみました。*1

平野弥店舗で飲んだのはシュヴレという畑。カイユレに隣接しているらしく特徴も似ているとのこと。こちらは地図で確認したわけではないのですが、随分とタイプが違いました。

まず感じたのはタンニンと荒々しさ。求めていた透明性はなかったです。飲むのに少し早かったかなぁと感じたと共に状態の違いもあったのかな。

2本購入したので、あと5年くらいしてから開けてみたいです。

平野弥で飲んだシュヴレ

*1:インポータ:ファインズ

ヴォルネイの1erCRUから染みでてくるうまみ

このワインも濃かったのですが奥から染み出してくる旨みが隠れていました

WINE:

  • ビンテージ:1997
  • 生産者:ロシニュール・フェヴレイ・ペール・エ・フェス
  • 産地:ヴォルネイ(1er CRU)

日時

  • 2011年2月6日(18時頃)
  • 月齢 3.3・中潮・プラス
  • 栓抜時:潮位(177)方向(マイナス)
  • 当日潮位:満潮(178)干潮(22)

NOTE:

今週はまだワインをあけていなかったのでセラーの中を物色したらこれが目につきました。
コルクの半分が染みていて寝かしてあったラベルの裏面に沿った方からわずかに液漏れがありました。空けた時に心地よい香りがしなく、香りの印象からこれも熟成がうまくできていないワインの予感です。
時間をかけてゆっくり飲んでいると、奥から染み出してくる味わいがすごい。ワイン自体はブルゴーニュとしては濃い系の作りなのにタンニンが口の中で消えていって、ぶわぁ〜と裏に隠れていた柔らかい旨みが染み出してきます。甘味と苦味が共存している苦いチョコみたい。

1個だけパズルがうまくはまっていないようなワインだけど美味しかったです。*1

*1:想像していたラインより悪くなかったです