なんとなくグレードヴィンテージの安い白ワイン古酒に手を出した

なんとなく古酒が飲みたかったので手を出してしまいました

WINE:

  • ビンテージ:1990
  • 生産者: ドメーヌ・ド・ラトゥール
  • 産地:ブルゴーニュ モンタニー
  • 畑:記載なし(プルミエクリュ)

日時

  • 2013年3月9日(20時頃)
  • 月齢 -・-・-
  • 栓抜時:潮位(-)方向(-)
  • 当日潮位:満潮(-)干潮(-)

NOTE:

2,000円台前半でこの値段って駄目元で手を出してしまいますよね...

この価格帯で90年ビンテージだとベルナール・ドゥラグランジュのボーヌを飲んだ時の思い出します。あれはあれで美味しかったので、再現となるか?と期待したいところですが如何に。

購入から1ヶ月セラーで休ませてからあけました。購入時には液体に濁りがあったので底に沈めてからパニエを使いました。*1

香ばしいゴマ系の香りがあけてすぐでてきたので、おっ。と思ったのですが、飲んでみると果実味が衰退していて液体に力がありません。果実味だけではなく酸・アルコールも衰退してしまっており、熟成感の個性も強くないのでぼんやりした味わいです。

ゆっくり飲みすすめると杯は進むので、香りだけで値段の価値はあるのかなと。
子供に匂いを嗅がせたら何度も寄ってきて嗅ぎに来たのがウケましたw

グレードヴィンテージでもある一定のクオリティのワインでないと熟成は厳しいというのがよくわかる例でした!

写真からもわかる通り褐色にはなっていませんでした。

*1:最近は瓶の外から光に当てて状態を見るようにしています

良い意味で値段と釣り合わないクオリティの白ワインでした

値段に対して圧倒的なクオリティでした

WINE:

日時

  • 2011年8月15日(20時頃)
  • 月齢 -・-・-
  • 栓抜時:潮位(-)方向(-)
  • 当日潮位:満潮(-)干潮(-)

NOTE:

リビングのセラーに普段のみのワインが少なくなってしまったので購入したもの。

この生産者はジブリーというブルゴーニュの中でもマイナー産地を拠点としているので、値段も自然と安くなります。ですが、しっかりとした作りをしていて、畑名と生産者名を同一で名乗っている歴史もあるとのこと。「美味しいし安い。飲んですぐに値段を考えるとワンランク上と感じる。赤もいいが白も良い。」とお店の方から絶賛されたんです。

そうなると、やっぱり期待してしまいますよね...

香りはマコンに感じられる南国系のフルーティーな感じ。とても品がよくて樽の香りで厚化粧しているワインとは歴然とした差があります。味も果実味・酸・強くないアルコールが、高次元でバランスがとれています。飲んでいてとても心地よくて美味しい。好きなタイプです。

今年飲んだワインの中で「コルディエのACブル・ジャン・ド・ラ・ヴィーニュ」以来のこのレンジでのヒット。スケールもまさにこのワインを研ぎすましたと言ってもいいんじゃないのかなぁと。

まとめ

  • 「ワンランク上に感じる」に偽りなし
  • すごい勢いでワインが減っていき、私の1日分にあたる375ml分を飲みきってしまった
  • とはいっても、余韻やスケールで感動してしまうか?というとそこまでではない

本数残り少ないらしいので忘れないうちにリピートしたい