ジャン・フルニエのレ・シェゾーと肉で年越し

ばっちり写真を撮ったのに、SDカードが抜けていてがっくりきて再撮影した写真がこちらです。

WINE:

  • ビンテージ:2008
  • 生産者:ドメーヌ・ジャン・フルニエ
  • 産地:マルサネ
  • 銘柄:レ・シェゾー

日時

  • 2016年12月31日(20時頃)
  • 月齢 -・-・-
  • 栓抜時:潮位(-)方向(-)
  • 当日潮位:満潮(-)干潮(-)

NOTE:


年越しそばはお昼に食べたので、ステーキにしました。レ・ドモワゼルで締めるつもりが、肉には赤が飲みたくなるのでこれを。

フルニエはリリース1〜2年で飲むことが多く、その時点で美味しいのですが、このワインは果実味が衰退してしまい、2年前に飲んだ同ヴィンテージのクロ・デュ・ロワの方が時期的にも良かったです。こちらも基本的には美味しいのですが、やっぱり当初期待していたような所まで届かないと残念な気持ちに。

わからないものですね。リリース当初美味しくてバランスが良かったワインも9年経てばそれなりの美味しさになる。逆にクロード・デュガのようにリリースしたてはこんなものか、と思っていても10年経つとすごく美味しくなっているようなケースもあるので。

子供の生まれ年ワインはたくさん買って、すでにたくさん飲んでいるけど、きっとこれから変わっていくんでしょう。一期一会、来年も飲むぞー。

子供の生まれ年のジャン・フルニエ・クロ・デュ・ロワを楽しんだ

まとめ買いしたので数年〜十数年にわたって楽しんでいきたいと思います

WINE:

  • ビンテージ:2011
  • 生産者:ドメーヌ・ジャン・フルニエ
  • 産地:マルサネ
  • 銘柄:クロ・デュ・ロワ

日時

  • 2016年3月18日(20時頃)
  • 月齢 -・-・-
  • 栓抜時:潮位(-)方向(-)
  • 当日潮位:満潮(-)干潮(-)

NOTE:

1年前半も美味しかったけど今回もばっちり。

まとめ買いした1本目です。5年目にさしかかろうかというところ。

ジャン・フルニエはリリース当初から美味しく飲めるので新しいヴィンテージを飲む機会が多いのですが、数年かけて飲んでいくとどうなるかというのは本当に楽しみ。

熟成感はまだでていないけど澱が少しではじめています。光をとおしても液体がクリアで飲んでもアシッドさはありません。
開けてすぐにおいしかった、開けたての14度くらいだとまだ本領発揮とはいきません。1〜2時間経った所で美味しさのピークがやってきたのですが、ここで子供の寝かしつけと重なってしまい、ピークの入りかけの時に1口飲んだ所で1日目が終了してしまいました。
ワインとして純粋に美味しくて数年先にはもっと美味しくなりそうです。

2日目は1日目の終盤に比べるとピークは過ぎてしまいましたが、美味しくてあっという間にボトルがあいてしまうことに...

グラスの違いも比較してみましたが、ぞれぞれのグラスで顕著に差がでました。

  • シュピゲラウ・ハンドメイド・ブルゴーニュグラス(大振りのリーデルのソムリエシリーズと同等)
    • シュピゲラウの大振りのグラスだと味・香りとも散漫になり現時点では、マイナス方向に作用しています。
  • ロブマイヤー・ブルゴーニュグラス
    • 口当たりと滑らかさがよく、味わって飲むならこれが一番良かったです。
  • ロブマイヤー・バレリーナ3
    • 香りがとりやすく飲み続けたい場合はこれでした。

最近は、うちの子供はというと下品な言葉を聞くとゲラゲラ笑っていたり、ひらがなが読めるようになってきたり、大人とそう変わらないレベルで日常的な会話のやりとりをできるようになってきました。まだ一人で寝る事ができず寝かしつけは必要ですが、1年前と比べると大きく成長を感じます。

ジャン・フルニエのポテンシャルの高さを垣間見ました

2年前のキュベ・サンチュルバンの印象が懐かしい・・・

WINE:

  • ビンテージ:2008
  • 生産者:ドメーヌ・ジャン・フルニエ
  • 産地:マルサネ
  • 銘柄:クロ・デュ・ロワ

日時

  • 2014年10月6日(20時頃)
  • 月齢 -・-・-
  • 栓抜時:潮位(-)方向(-)
  • 当日潮位:満潮(-)干潮(-)

NOTE:

2年前にこんな感想を残していました

味はというと、確かに美味しい。ただ、2007年のあの薄くてエキス分が美味しかったのに比べると少し濃くて美味しさのアプローチタイプが違ったような気が。(この記事を書いている時には既に1ヶ月ほど経っているので記憶があいまい)。ジャン・フルニエの2008年は全般的にこんな感じなのかなー。

2007年は本当に美味しかった。この記憶は今も強く残っていてバックヴィンテージが買えるなら何本でも買いたいくらい。2008年はタイプがすごく変わって残念に思っていた所、熟成させてみるとどう変わるかを期待して、購入から2年〜3年待ってみました。

そうすると「なんてことでしょう」タンニンは綺麗に溶け込み、少なめの澱、香りもすごく良く、子供ももっと嗅がせてくれとせがみます。

まだ、飲み頃に入った初期段階だと思います。私の好みとしてはあと数年置いたらもっと美味しくなりそう。ジャン・フルニエのワインはリリース当初から美味しいので、ついつい飲んでは買って飲んでは買ってとしてしまいがちですが、ちょっと我慢すれば違った姿を見せてくれるとてもいいワインという事を覚えておきたい。

最後に、これから先もこの生産者のワインが今くらいの立ち位置で争奪戦や値段があがらない事を願います。

ブルゴーニュ銘醸ワインを楽しむ会(ドメーヌ・ルフレーヴの会)に参加した

いつもの会以外のワイン会に参加は1年半ぶりです。
「ワイン会に続けて参加する為の一番大事な方法」もついでに書いておきました!

ワインリスト

  • 生産者:ロラン・ヴァネック
  • 生産者:ピエール・ジャック・ドリュエ
    • 2009年 ブルグイユ・ロゼ
  • 生産者:ジャン・フルニエ
    • 2010年 マルサネ・ルージュ・キュベ・サン・チュルバン
  • 生産者:コルディエ・ペール・エ・フィス
  • 生産者:ドメーヌ・ルフレーヴ
    • 1999年 ピュリニー・モンラッシェ・レ・ピュセル(プルミエ・クリュ)
    • 2009年 バタール・モンラッシェ(グラン・クリュ)
  • 生産者:ロベール・グロフィフェ【追加】
    • 2010年 シャンボール・ミュジニー・レ・サンティエ(プルミエ・クリュ)

日時

  • 2013年8月25日
  • 平野弥にて

NOTE:

いつも魅力あるワイン会のお知らせを頂いているのですが、予定や家庭との調整がつかずなかなか参加できずにいて、もう1年半以上経っていたんですね。

ちなみにこの1年半で参加したかったけど、参加できなかった会は「エゴン・ミュラー」の回。今回はどんな会になるか楽しみでした。

前日までルフレーヴのバタールが出る事以外はお知らせされていなかったのですが、メインがバタールなので比較としてもう一本くらいはルフレーヴが出るだろうと予想していましたが、ピュセルがでてこれはうれしい悲鳴です。

というところで、基本情報はこのあたりでルフレーヴの感想はのちほど。

カジュアルワイン's

最近は料理とカジュアルワインのマリアージュの探求に力を入れているようで、ワインと料理の提供タイミングが組み合わせででてきます。

最初の泡の前にメニューになかった生ハムのなんとかロール?をだして頂きました。
生ハムをフライパンで熱を入れると塩っぽくなってしまいがちなのですが、いい塩加減で美味しかったです。

以前にランチパスタの時を彷彿させます。

次の料理と合わせる時には泡をみんな飲みきってしまっていたので、リスト外のカジュアルワインをだして頂きました。ブルグイユのロゼだったのですが料理とあっていて美味しかったです。このマリネうまかったなぁ。

秋刀魚とズッキーニのグリルも美味しい。赤ワインはこの料理にあわせる1本だけだったのですが、両方ともでしゃばらず、お昼下がりの食事として華やか過ぎない感じが良かったです。

コルディエのACブルゴーニュはいつもの感じ。2009年のイメージが抜けきらない。いい思い出が基準になってしまうんですよね。パイナップルのような南国系の香りはヴィンテージが違っても同じですね。

そうそう!!これにあわせたはまぐりのリゾット。米に少し芯が残ったくらいだったんけど、うまかった。汁もパンにつけて、パクっと。

ルフレーヴの比較

99と09の比較です。同時栓抜で8杯どりで同じ料理に合わせます。大山鶏のクリーム煮。ワインとレモンを使って料理負けしないように工夫したそうです。

99のルフレーヴは焦がしたコーンが特徴的でした(みなさんの試飲コメントのバイアスかかってますw)。香りはすごく良くて、ワイン自身もぐーんと伸びてくるんだろうなと思ったら、終盤バランスを崩して結局伸びてこなかったのが残念です。09のバタールは凛とした佇まいでスケールもあるのですが、8杯どりだとすぐに飲んでしまい、美味しかった思いしか残りません。ルフレーヴのグラン・クリュを飲んで初めてわかった事は想像以上でもなくそれ以下でもないということ。

ルフレーヴのグランクリュというと高嶺の花で、なかなか飲める機会がありません。99と09の違いを皆さんと談話しながら感じた事は、やっぱ人が作って人が販売して人が飲んでいるんだなという事。代替わりや好みや体調など人に関わる部分の影響が大きく、年号だけが変わるラベルを中心に見ているとステータスについつい惹かれてしまって、力が入ってしまいますね。

美味しいワインは楽しく飲める雰囲気も大事だなと改めて思いました。もちろん今回も楽しい場でした!

おかわり

コーヒーでもいかがですか?と言われて、参加者みんな揃って飲み足りないのでワインを追加をと…
幾つか候補があったのですが、「新しめのヴィンテージでルフレーヴのバタールに見劣りしないものを」

という結構ハードルが高いリクエスト。

出てきたワインがこれ

 「グロフィエのシャンボール・ミュジニー・サンティエ 2010」

グロフィエは1度しか飲んだ事がなく、2002のACブルで10年経ってもパワフルさ満載だったので、それをスケール大きくした感じをイメージしていたのですが、2010のサンティエは洗練されていて今飲んでも美味しかったです。やっぱこういうワインを飲むとどんどんワインを買いたくなってくるのがやばいですね。

まとめのまとめ

  • 最年少の参加者は誰だ。(多分私だった?)
    • 年齢の話は建設的ではないのですぐに違う話題に
  • 食事の時にあれな話w
  • ジャック・セイスは芸術家(ルフレーヴの元醸造責任者のピエール・モレの話の流れで)
  • パンは凶器です
    • 堅くて口を切る事があるという隠語
      • どこどこのパン屋のパンで口切ったことあるんですよ。って話
  • 世間話
    • ワイン会に参加するとこういう話が面白い

今回もはじめましての方のほうが多かったのですが、とても楽しかったです。今日、一番良かった事は飲み過ぎず帰ってから妻に嫌な顔をされなかったことです!w

これがワイン会に続けて参加する為の一番大事な方法です。

記念写真

イワシの酢漬け、茄子とパプリカのマリネ

秋刀魚のブリットとズッキーニのグリル

蛤ワイン蒸し、茗荷と青のりのリゾットは写真撮ってなかった...

大山鶏のクリーム煮

第4回Nさんの手料理&ワインの会に参加しました

第4回のお題は「春夏秋」やったから冬もやりましょう!で

ワインリスト

  • NV ヴュー・ミレジメ(生産者:ジョゼ・ミッシェル)
  • 2010年 ブルゴーニュ・アリゴテ シャン・フォレ ヴィエーニュ・ヴィーニュ 白 (生産者:ジャン・フルニエ)
  • 2011年 グーツリースリング リースリング・トロッケン 白 (生産者:AJアダム)
  • 2009年 マルサネ ブラン クロ・デュ・ロワ 白 (生産者:ジャン・フルニエ)
  • 2008年 マルサネ ルージュ レ・ロンジュロワ 赤 (生産者:ジャン・フルニエ)
  • 2005年 ポマール・1er レ・シャンラン 赤 (生産者:ニコラ・ロシニュール)
  • 2010年 プィイ・フュイッセ・ジュリエット・ラ・グランデ 白 (生産者:コルディエ)
差し入れ

私からの差し入れ

  • 2003年 モレ・サンドニ 1er キュヴェ・デュ・パプ・ジャン・ポール2世 赤(生産者:クリストフ・ブリチェック)

料理

  • スターター:オリーブとグリュイエールのスティック
  • ディップ:豚のリエット
  • 前菜:Zwiebelkuhen(玉ねぎのキッシュ)
  • スープ:クラムチャウダー
  • メイン:Cog au vin(鶏の赤ワイン煮)フェットチーネを添えて
  • デザート:洋梨のタルト

日時

  • 2012年12月16日
  • 平野弥にて

NOTE:

この日もいい天気。この会は天気がいつも快晴なのはすごい。
そして、4回とも参加予定者の欠席がなし :)

いつも楽しくわいわいと作って頂いた料理を食べながら、みんなで手の込みように感心しています。

この日のマイベストはキッシュ。ドイツ風なのですがこれはホールで食べたいくらい美味かったです。

クラムチャウダーも美味しくてやっぱコース料理にはスープがあると違いますね。みんなでコンソメをリクエストしてみたのですが、コンソメは手がかかってやばいそうです。そう、そうなんです。この会はNさんの手料理を楽しむのが主テーマなので、コンソメスープのもとなんて使わないし、使うとしたらもちろんブイヨンなんです。仕込みも何日か前からリハと仕込みをして頂いているようで、手の込みようがすごいとしかいいようがありません。

そうそう、タルトも自分で練って焼いているそうです。キッシュとデザートのタルトは同じものだそうです。

そんなこんなで、この日も楽しく一日を過ごす事ができました。参加者の皆さんお疲れさまでした!当日ワインを購入しに来られた方お騒がせしました…

お料理:






アフター:

夜も更けてきましたが、今日も追加でワインお願いしてしまいました!
最後に赤3連発だったので、ワインは白ワイン指定で予算を伝えて提案して頂いたもの。


  • アンリ・ド・バーエズ ピュリニー・モンラッシェ 1990

色が黄金で時の流れを感じました。このワインを飲みながらベルリンの壁の話をしていた記憶がありますw

ジャン・フルニエにおけるこのワインの立ち位置

2007,2008,2009と毎ビンテージを飲み続けています。

WINE:

  • ビンテージ:2008
  • 生産者:ドメーヌ・ジャン・フルニエ
  • 産地:マルサネ
  • 銘柄:キュベ・サンチュルバン

日時

  • 2012年10月28日(20時頃)
  • 月齢 -・-・-
  • 栓抜時:潮位(-)方向(-)
  • 当日潮位:満潮(-)干潮(-)

NOTE:

今美味しいと言われて買ったワインです。

飲んでから暫く経っているのですが、香りにすごく特徴があったので良く覚えています。何に起因する香りかわからないのですが、とにかく1つの要素だけがどうしても引っかかりました。杉というか森の香りというのかとても特徴的でした、ネガティブ要素かどうか判断しかねましたが、妻曰く「飲みたくなくなるような嫌な香りじゃない」と。

こういう突出している香りやニュアンスに出くわすと、まだまだ自分の中で整理しきれていないです。

味はというと、確かに美味しい。ただ、2007年のあの薄くてエキス分が美味しかったのに比べると少し濃くて美味しさのアプローチタイプが違ったような気が。(この記事を書いている時には既に1ヶ月ほど経っているので記憶があいまい)。ジャン・フルニエの2008年は全般的にこんな感じなのかなー。

セラーにある2007年のクロ・デュ・ロワをあけて比較してみたいという願望を抑えるのに必死でしたw

第3回Nさんの手料理&ワインの会に参加しました

第3回のお題は「Nさんの子供が大好きな"グラタン"」です。

ワインリスト

  • 2005年 エクストラ・ブリュット 白 (生産者:エマニュエル・ブロシェ)
  • 2009年 マルサネ ブラン クロ・デュ・ロワ 白 (生産者:ジャン・フルニエ)
  • 2000年 プイィ・フュイッセ・コレクション・プリヴェ 白 (生産者:シャトー・ド・フュイッセ)
  • 2007年 サン・トーバン・ルージュ レ・ピタンジュレ 赤 (生産者:ルイ・カリヨン)
  • 2010年 ヴジョ・プルミエ・クリュ レ・プティ・ヴジョ 赤 (生産者:アラン・ユドロ・ノエラ)
  • 2008年 シャルツホフ Q.b.A 白 (生産者:エゴン・ミュラー
差し入れ

参加者からの差し入れ!ありがとうございました。

  • 2009年 Vine Griff ブラン

料理

  • 胡桃とサワークリームのディップ
  • 野菜のマリネ取合せ(カリフラワーのカレー風味、マッシュルームのギリシャ風、ズッキーニ)
  • 鶏とじゃがいものグラタン、パン屋さん風
  • デザート;いちじくのタルト、クリームを添えて

日時

  • 2012年10月7日
  • 平野弥にて

NOTE:

一度書いていた記事が終盤で意図しないマウスジェスチャーで消えてしまいました。
なのでモチベーションががたっと下がりこの記事は適当な感想で...

  • 春・夏に続き秋に開催
  • 曇り時々晴れで前日降った雨の影響もあり涼しくてグラタン日和
  • グラタンうめぇ。マスタードが塗ってあってうま味汁うはうは
  • デザートのできがすごい

会が3回目ということもあり和んだ雰囲気で一日があっという間に過ぎました。楽しかったです。

お料理:





アフター:

追加でお願いしたワイン。これが今日イチで美味しかったです。ほろ酔いだったので記憶が定かでないですが、今年ベスト3に入っているかも。


  • ドメーヌ・ジャンボワイヨ・ヴォルネ・プルミエ・クリュ・シュヴレ 2004