ヴィンテージの違いがハッキリとわかるコルディエのロゼワイン

お気に入りのヴィンテージとの差は大きいです

WINE:

  • ビンテージ:2011
  • 生産者:ドメーヌ・コルディエ・ペール・エ・フェス
  • 銘柄:ボジョレー・ヴィラージュ・ジョセフィーヌ・ロゼ

日時

  • 2016年3月27日(19時頃)
  • 月齢 -・-・-
  • 栓抜時:潮位(-)方向(-)
  • 当日潮位:満潮(-)干潮(-)

NOTE:

2009年ビンテージはお気に入りで、自宅では4回あけていました。外に持参したりワイン会の経験を含めれば、倍くらいは飲んでいるはず。2011年は如何に。

2009年分の感想

2011年は2009年にあった果実味が弱く酒質はドライで余韻短め。ここまで違うのかと思わせるくらいタイプが違い、ヴィンテージの穏健ってあるんだなと感じました。酒質と余韻が長かったあたりが特に2009年の相性というか穏健を受けていたのかも。1年半くらいまえに2011年ビンテージも飲んでいますが印象は同じです。

値段を考えれば満足いくクオリティなので、また買い増したり違うヴィンテージになっても買いたいです。

子供の誕生祝いに飲んだワイン

和食にぴったりあいました

WINE:

  • ビンテージ:2009
  • 生産者:ドメーヌ・コルディエ・ペール・エ・フェス
  • 銘柄:ボジョレー・ヴィラージュ・ジョセフィーヌ・ロゼ

日時

  • 2013年5月3日(12時頃)
  • 月齢 -・-・-
  • 栓抜時:潮位(-)方向(-)
  • 当日潮位:満潮(-)干潮(-)

NOTE:

香りは前回飲んだ時より弱かったのですが、美味しさは相変わらず。
ロブマイヤーのブルゴーニュグラスで飲んだのですが、気持ちよく飲めました。口当たりがいいので一定以上の美味しさがいいと、どんどんと飲んでしまいます。

祖父母もとても気に入ってくれて、これ高いワインなんでしょ?と聞かれたのですが、「高いのはグラスの方でワインはお手軽価格ですよ」と答えたら納得していました。

いつもの事なのですが、こっそり子供にワインの香りを嗅がせると「もっと嗅がせろ(と言っているような仕草)」とせがまれました。

そして、私がグラスを少し回して嗅がせてあげるのですが、それを真似してか最近はみそ汁のお椀を回してこぼしてしまうという、変な習慣がついてしまいましたw

子供の成長はうれしいものです :-)

オレオレ伊勢海老のブイヤベースを作ってコルディエのロゼワインであわせた

伊勢海老が手に入ったのでブイヤベースを作ってみました

WINE:

  • ビンテージ:2009
  • 生産者:ドメーヌ・コルディエ・ペール・エ・フェス
  • 銘柄:ボジョレー・ヴィラージュ・ジョセフィーヌ・ロゼ

日時

  • 2012年10月11日(22時頃)
  • 月齢 -・-・-
  • 栓抜時:潮位(-)方向(-)
  • 当日潮位:満潮(-)干潮(-)

NOTE:

ワインは前回とかわらず香りもたっているし、美味しかったです。
この値段でこのクオリティなので本当にお勧めです。また買い足します。

ワインのことはこれくらいにして、今日は料理の事を書きたいと思います。

伊勢エビを実家から大量に送ってもらったので、なんとか消費しようとブイヤベースを作ってみました!1匹しか消費できなかったですけどね。

妻からはなんと「90点」という好評価をもらいました。かなり大ざっぱに作ったのに素材と手間の力は大きいなと痛感しました。

次に作る時に忘れないようにメモをします。

レシピ

材料
  • じゃがいも: 4個
  • セロリ: 1本
  • ニンジン: 1/2本
  • たまねぎ: 1/2個
  • ホールトマト(イタリア産): 1缶(250g)
  • にんにく: 2かけら
  • タイム: 3〜5紐
  • サフラン: ひとつまみ
  • あさり(貝類): 180g
  • たら(白身魚): 2切れ
  • イカ: 1/2身
  • 伊勢海老(甲殻類): 1尾
  • カルピスバター: 1さじ
  • オリーブバター: 大さじ1
  • ワイン: 50cc(白ワインもしくはロゼ)
  • 水: 700g
手順

下準備としてあさりを塩水につけておき、石やよごれを吐かせる。もみ洗いをし汚れをとっておく。

次に、おろしたてのルクレーゼの鍋に700gの水を沸騰させて、たらとイカとあさりをぶち込んで弱火で20〜30分、魚出汁をとる。その時にタイムとにんにく1かけら分をつぶして入れておきます。ワインもこのタイミングで投入しました。(本当は野菜に入れたほうがよかったのかもしれませんが)タイムは魚の生臭さを消す効果があります。ただし、お店で買ったうち5%分くらいしか使わないのですごくもったいない気持ちになりました。

次に、ニンジンとタマネギとセロリの茎をみじん切りにしておきます。ニンジンは電子レンジにかけて火をとおしておきました。それをざるにいれておきます。

にんにく1かけらをみじん切りにし、オリーブオイルで別の鍋で炒めます。香りがついてきたらニンジンなどのみじん切りを入れて、バターを投入ししんなりするまで炒めます。

しんなりしたら、最後にホールトマトを投入し少しだけ炒めます。あとで煮込むので形があまり崩れないようにしておきます。

次に、最初にぐつぐつ弱火で煮ておいたルクレーゼの魚だしにニンジンなどのやさいを投入します。

20分ほどさらに煮込みます。いい感じで出汁もとれてきているので適度に味見しつつ、少しだけ塩を加えます。

次にじゃがいもいれます。最後にじゃがいもをいれるのは煮崩れさせないためです。1日目に食べる分はスライスぐらいに切って、翌日食べる分は切らずにまるごと投入します。さらに20〜30分煮込むとじゃがいもに火がとおって、食べれるようになります。火さえ通っていればいいので適当なタイミングで投入したら良いと思います。

じゃがいもと同じタイミングで伊勢海老を投入します。伊勢海老はハサミや包丁で半分に分割します。背わただけとって、殻はまるごと投入です。海老を入れた時にサフランをひとつまみし鍋にいれます。

そんな感じで、伊勢海老とじゃがいもに火がとおっていれば完成の目処になります。煮込んでいる間に水が蒸発してしまうので、野菜投入前に出汁を少し別容器にとっておいて、水を足すといい感じで水分を補充できる事を、食べている時に気付きました。

味付けは基本的に塩のみでとても美味しかったです。素材のうま味を最大限に引き出して活かすというのがブイヤベースの特徴なので、下手に小細工する必要はありません。

みじん切りが適当でもいいし、基本的に味付けしなくてもいいので失敗しようがありません。うまくつくコツは、3〜4人前(2日にわたって食べると考えて)の大目の量で作る事です。あとは、野菜を3〜4種類、魚介類を3〜4種類と種類を多品目にすることです。

この事は、漫画「おせん」にも書いてあるので参照してみると面白いと思いますw

ブイヤベースの感想

伊勢海老を投入する前からいい出汁がでていました。あさりと鱈の出汁が良かったんだと思います。最終的なこのブイヤベースの決め手は伊勢海老です。伊勢海老の身を喜んでいいのは小学生までで、大人は伊勢海老のミソ(頭の部分)にお金を払っていると考えましょう。伊勢海老のミソがこのブイヤベースの決め手です。これが深みや複雑さをだします。

我ながら適当に作った割に本当にうまくできたと思いました。なので、わざわざレシピに残そうと思ったわけで・・・

ステーキのようにレシピを忘れてしまうという失態は避けなければとw

最後に少しだけ隠し味で味噌を入れても良かったかもいいねと妻は言いましたが、私はこのままでも十分美味しいので好みでいれてもいいのかなと。

来年も伊勢海老の時期にまた作りたいと思います(調子にのって伊勢海老が余っているのでまた週末に作るかもしません)

写真

ルクレーゼの鍋いっぱいに作ったのですが

あっという間に消費されていきます

最後に

この日は妻と子供が体調を崩していました。あったかいブイヤベースで気持ちと体が良くなってくれればと思って作ったのですが、とても喜んでもらえてうれしかったです。

食べてくれる人の笑顔が作る人のやる気になるという気持ちを実感した日でした。

買い増したコルディエのボジョレー・ロゼ

2週間ぶりにあけたワイン

WINE:

  • ビンテージ:2009
  • 生産者:ドメーヌ・コルディエ・ペール・エ・フェス
  • 銘柄:ボジョレー・ヴィラージュ・ジョセフィーヌ・ロゼ

日時

  • 2012年3月4日(22時頃)
  • 月齢 -・-・-
  • 栓抜時:潮位(-)方向(-)
  • 当日潮位:満潮(-)干潮(-)

NOTE:

ステーキ焼くの失敗しちゃった!とほほ。

ワインは前回とかわらず美味しかったです。

今年初の大当たりはコルディエのボジョレー・ロゼ

ここまで美味しくなるとは想像しませんでした

WINE:

  • ビンテージ:2009
  • 生産者:ドメーヌ・コルディエ・ペール・エ・フェス
  • 銘柄:ボジョレー・ヴィラージュ・ジョセフィーヌ・ロゼ

日時

  • 2012年2月9日(22時頃)
  • 月齢 17.2・大潮・マイナス方向
  • 栓抜時:潮位(51)方向(マイナス)
  • 当日潮位:満潮(190)干潮(10)

NOTE:

ただいま、ほぼ干潮です。

このワインを一人で一本時間をかけてゆっくり飲むのは初めてかも知れません。

前回の試飲ですごく美味しくなっているというのは気づいたのですが、ここまでとは...

ロブマイヤー・バレリーナ3のグラスを少量のワインで洗って、注ごうとその時空のグラスからすこぶるいい香りが漂ってきます。グラスの中に液体がないのに洗う時に回したときの残り香だけでこれは正直凄いと思いました。

アルコール度がやや高めに感じインパクトは強いのですが、キュッと引き締まった甘酸っぱい木苺を食べた時のような印象。余韻や口の中に広がる感覚も素晴らしく、ロゼらしい透明感がありつつパワーもありバランスがとても良いです。

ブルーチーズのスティルトンと一緒に飲んだのですが、相性は悪くはありません。

スティルトンの塩気を洗い流しつつてもう一口食べようという気にさせてくれます。

この値段でこのクオリティはすごい!!ジャン・ド・ラ・ヴィーニュといい、2009年のコルディエは大成功の年だったりするのでしょうか?

これも夏に向けてあと2〜3本は買いたそうかなという気になってしまいました。

ワイン会でDRCの古酒ロマネ・サン・ヴィヴァン1974の3Lボトルを飲んだ

ワイン会でDRCの古酒でしかも3Lボトルという貴重なワインを飲むという体験をしました

ワインリスト

  • 生産者:シャトー・ド・フュイッセ
  • 生産者:ドメーヌ・コルディエ・ペール・エ・フィス
  • 生産者:ジャン・フルニエ
    • 2009年 ACブルゴーニュ・ルージュ
    • 2009年 マルサネ・キュベ・サンチュルバン
  • 生産者:ドメーヌ・ラモネ
  • 生産者:アンリ・ド・バエーズ(モワラール)
  • 生産者:ドメーヌ・ド・ロマネコンティ
    • 1974年 ロマネ・サン・ヴィヴァン

日時

  • 2012年1月8日
  • 平野弥にて

NOTE:

平野弥さんの1周年記念&テラスお披露目のワイン会に参加してきました。

今回振る舞われるワインがびっくりのDRCの古酒。DRCは過去エントリーでも触れていますが偽物の数が半端なく多く、値段も希少価値から飛び抜けて高く、しかも状態が良いものとなるとお目にかかるのはかなり難しいです。

今回は、平野弥さんが兼ねてからストックしていたというボトルのようです

  • 流通経路
  • ワインの状態

の2点は信頼できます。年代物なのでブショネや雑菌などは当たるも八卦当たらぬも八卦という感じですが、熱劣化に関してはまず大丈夫でしょう。

そして、もう一個大事な事。それはこのボトルがリコルクされていないという事なんです。マグナム(1.5L)は通常のフルボトル(750ML)に比べ熟成カーブが緩やかで熟成後は同じ状態でもより美味しいと言われていますが、ジュロボアム(3000L)はさらに期待が持てます。

というところで、基本情報はこのあたりでロマネ・サンヴィヴァンの感想はのちほど。

自社輸入のデイリーワイン's

価格が3,000円前後までのブルゴーニュワインとしては日常的に飲むようなレンジがリストアップです。

このワインのほぼ全てを1度は飲んだ事はありましたが、体調が万全ではなかったこともあってか幾つかのワインがいつもより美味しく感じませんでした(まずいというわけではなく)。

泡は駆けつけ一杯には美味しかったです。真冬ながらお天気が良かったのでテラスの中はポカポカしていましたので夏でも冬でも泡は良いですね!同一銘柄が複数本あったのですがあるボトルでは左記泡が若干のブショネでグラスに臭いが移るのが嫌で回収されている様子もありました。*1

次にサン・ヴェランです。同じものを3〜4週間前に自宅で飲んでいます。その時はワインに厚みや濃さやジューシーさはなかったのですが、小さい次元でこじんまりまとまっていて美味しかったのです。それに比べ、当日の私が飲んだボトルは少しバランスが崩れていて、ワインの弱さが目立って「うっはー、うめぇ」というインスピレーションはなかったです。体調が万全ではなかったのでそれが影響していたのかなーと飲みながら思っていました。(大事なことなので2回言いました)

続いて、コルディエのワインです。2010も何度も2009に比べてこんなもんじゃないだろう... と感じました。フレッシュさに加えて果実実溢れるパワーがないのです。2009というヴィンテージの影響をもろに受けていたんですかね。2009で良い面にでたところが2010になかったとか... ボジョレーはやや冷やし気味で抜栓直後のものです。さわやかで期待値の内容。次のボトルもあるのでさくっと進んでしまいました。

さぁ残り2生産者です。一つはジャン・フルニエ、もう一つはラモネ。ACブルゴーニュ同士で比べてみるとジャン・フルニエの方が圧倒的に濃い。一方ラモネは今が一回目の飲み頃なのか香りもよくてすごく美味しい状態でした。このラモネに比べられて少しフルニエのワインがかわいそうな気がしました。

デイリーワイン感想まとめ
  • 白はいつもより本領発揮できていなかった(気がする)
  • デイリーワインではラモネが一番印象に残った
    • が... 2時間後思わぬ所で大逆転のサプライズ(後ろの方に書いています)
  • この値段なら全部納得はできる内容

前座の古酒ムルソーペリエール

歓談と飲食が進む中1時間くらいしたところで、前座のワインとしてムルソーペリエール1984がデキャンタージュされた状態で提供されました。色は黄金色。記憶では同じロットのワインを過去に2度は飲んだ事があり記憶を呼び起こすとちょうど1年前の年末。「もうピークアウトしている」と感じたと記録に残してありました。その時は同じ時に飲んだ同一ヴィンテージのモンラッシェと比べたから印象の分が悪かったのかもしれません。今回も、ピークアウトしているという印象は変わらず、酸とアルコールの支えはまだ残っているけど糖が抜けきってしまっていて、ワインのスケールとしては少し残念な感じでした。ただ、明らかに10年〜15年のワインでは感じる事ができない領域で、古酒と呼ぶにふさわしい液体となっていました。こういうワインは好みにとても左右されるので、好きな人とそうでない人がいました。2つのデキャンタを飲み比べ「私はこっちのデキャンタに入っている方が好き」「自分はこっちだなー」と分かれた意見が飛び交っていました。

ムルソーペリエールの感想まとめ
  • 古酒は飲み手の心に訴えかけてくるものがあるなぁと感じた
  • 非常に好みに左右される
  • 色は綺麗
  • シェリー香(?)はそんなに感じなかった
    • というより香りが弱かった?

DRCのロマネ・サン・ヴィヴァン

ついにきました。もう注ぐだけで会場がざわつきます。カメラの数も多かったです。色がオレンジでほんのりした香り。香りが非常に弱くこちらもピークアウトしています。2杯頂きました。1回目は巡回して注いだ上部〜中部。2回目は1巡して余った檻を含んでいるかもしれない下部。

色や香りや味は全体的に薄くなっているのですが、それが水っぽいのかというとそれは違います。紹興酒の系統に近い味わいなのですが、なんとも言いがたいのですが雑味がほとんどなくクリーンで喉を通り過ぎていく液体と化していました。こちらもグラン・ヴァンでスケールが大きいと感じたであろう時期はとうに過ぎ、私が普段飲んでいるワインという液体とは別次元の液体でした。また、ネゴシアンのデイリーなオールドヴィンテージに感じる衰退した液体とも別です。

比べ物になるかわからないのですが、1976年のクロ・サン・ジャックを飲んだ時はここまで深くは感じませんでしたし、それは普段自分が飲んでいるワインの延長にいました。一方、このワインはDRCという事が念頭にあったからかもしれませんが、脳と雰囲気でワインという形の別の物を飲んでいた気がします。

(記憶を記録する為に単純な美味しさで言えば、去年飲んだ1989年のボーカステルの方が美味しかったかも。えっ!?)

DRCはたった1〜2杯飲んでわかるようなもんじゃないですねw

DRCロマネ・サンヴィヴァンの感想まとめ
  • 古酒の次元が違いすぎる
  • 飛び抜けて美味しかったか?というとそうでもない
  • 下部も澱が混ざっていなくて美味しかった
  • 84のペリエールがあったことでとても良い比較ができた
  • DRC3Lボトルのサーブを見るだけでも価値があったw
  • いつかフルボトルとまではいかなくても、それなりの量を変化を味わって飲めればいいなぁ
  • 自分で買うとしても記念や思い出と引き換えなら価値はあると思った

まとめのまとめ

  • 楽しい会でした
  • 貴重な体験ができました
  • 普段とは違う雰囲気が味わえました(DRCはどんな飲み手でも「おぉ〜」となる)
  • みなさんワインが好きなんだなーと実感しました
  • 料理は立食で鴨や牛ほほ肉赤ワイン煮やピクルスやラザニアなど頂きました。美味しかったです。
  • 2時間経った時のロゼがやたら美味しくなっていてびっくり!!
    • DRCを飲む直前に2回もおかわりしてしまった...
    • たぶん今日一番本領発揮したワイン。

デイリーワインでも希少価値の高いワインでも集まる人や場所や雰囲気によって楽しい場になる事は変わりない。

とても良い時間を過ごせました。すてきな会を開いてくださった平野弥さん、しゃべってくださった皆さんどうもありがとうございました。

記念写真

デイリーワイン

ムルソーペリエール1984

30人分のグラスが1勢に並べられる

平野さん怒濤のサーブ

74のロマネサンヴィヴァン(38年もの)

*1:ブショネセンサーが発動されてすごい!!

社内ワイン会を開催しました

社内ワイン会を開催しました。写真は撮り忘れ。

ワインリスト

  1. クレマン・ド・ブルゴーニュ・ロゼ【泡】NV
    • 生産者:ドメーヌ・シュブロ
  2. ボジョレー・ヴィラージュ 【ロゼ】2008年
    • 生産者:ドメーヌ・コルディエ・ペール・エ・フェス
  3. プイィ・フュイッセ【白】
    • 生産者:ブラインド*1
  4. シャンボール・ミュジニー【赤】1970年
    • 生産者:ドメーヌ ジャン・ユドロ

日時

  • 2010年7月22日
  • 社内にて

NOTE:

北の地にある会社の事業所で「インポータを呼んでワイン試飲会をした」という報告が、会議で報告があったので、みんな「いいなー。横浜でも開催しないの〜?」という声があがったので、「じゃあ、私が主催してやりますよー」と開催した会。

↑のインポータは私と関わりは全くなく、私が主催したワイン会とも関連はありません。
インポータが来たワイン会では、10人くらいで9万円のお買い上げだったらしい。

テーマ

夏の暑い時期に気持ちいいフレッシュなワインを選びました。
テーマは「フランス・ブルゴーニュ地方の色々な種類のワインを飲んでみよう」

この暑い季節にワインを運ぶのがきつかったです。
保冷剤を詰めまくって、自宅から歩いて15分の会社に当日の夕方に運びました。

特に古酒は澱が舞わないように気をつけました。古酒の澱は舞わなかったけど・・・・

温度調整難しいですね。飲んでいるうちにすぐ高くなってしまいます。
4本の内3本が美味しい。シャンボールだけ状態がよくない。

中でも人気は泡と白。ロゼ次点。赤は3本が空になっているのに2/3ほど残っていました。
予想通りすぎです。w

最初は用意した資料を基にワインの話とか試飲のポイントを話しながら試飲。中盤からはただの飲み会w

楽しいひとときを過ごしました。

飲み慣れている・飲み慣れていないに関わらず、旨い物はうまいし不味いものは不味い。
事実として受け入れるしかない。不味い物ばかり世の中に転がっていたら悲しいのですが・・・

今度は美味しい食べ物に合わせてワインかな。

*1:正解:コルディエのブランシュ2006