第8回Nさんの手料理&ワインの会に参加しました

秋編をまたまた今さらながら記録に残しておきます

ワインリスト

  • 2009年 シャンパーニュ 泡(生産者:?)
  • 2011年 レ・プリンス・アベ ・ゲベルツトラミネール 白(生産者:ドメーヌ・シュルンバジェ)
  • 2012年 シャブリ・プルミエクリュ・フルショーム 白 (生産者:ドメーヌ・パトリック・ピウズ)
  • 2011年 シャルム・シャンベルタン 赤 (生産者:ドメーヌ・アルロー)
  • 1996年 シャトー・ソシアンドマレ 赤
  • 2009年 ケスラー・リースリング 白(生産者:ドメーヌ・シュルンバジェ)

料理

  • スターター;タラコとマスカロポーネのディップ
  • 前菜;
    • サーモンマリネとズッキーニのロール
    • 牡蠣のコンフィ、柿とジェノベーゼソースを添えて
    • キノコの温サラダ
  • スープ;カボチャのポタージュ
  • メイン;ローストビーフ、白ワインベースのグレービーソース
  • デザート;りんごのタルト

日時

  • 2014年11月30日
  • 平野弥にて

NOTE:

第8回。これを書いているのが半年前のできごと・・・

お料理:

タラコとマスカロポーネのディップ

パンにつけて食べます。過去にも登場しているはずで、自宅でもいつも食べたくなる一品。
写真はキノコの温サラダの横あたりで・・・

サーモンマリネとズッキーニのロール

これをゲヴェルツとともにペロッと頂き、久々にお逢いして話題に華咲く

牡蠣のコンフィ、柿とジェノベーゼソースを添えて

柿のソースというのがかなりのチャレンジ。こういう美味しいソースを作れるあたりお店を開けるレベルにあると思います。オイスター好きの私としては人数分より少し余ったのでおかわり頂きました。

キノコの温サラダ

うまい!なぜかというと・・・
そうドレッシングがオリジナルで、試作しまくってくれていて市販ドレッシングではだせない味なんです。
Nさんのオリジナリティには感心しまくりで、食の奥深さを感じます。

カボチャのポタージュ

スープがでてくるところがうれしい。いつもならでるあの話題がでませんでした。(スープといえば)
一気飲みですw

ローストビーフ、白ワインベースのグレービーソース

これ!迫力満点でもう見るだけで涎ものです。
やっぱ食べても美味しくて、合わせたワインは2つでシャルムとソシアンドマレ。

確かシャルムはカボチャのスープとともにあけて、ソシアンドマレがあと。
シャルムは若いからどうかな?と思っていたけどトロ・ボーのコルトン・ブレッサンドと同じように若くてもすごく美味しくて、びっくり。

やはり、美味しいワインは減るスピードも早くあっという間に空になっていました。
肉とワインの組み合わせはホントいい。おかわりしまくって3〜4枚食べた記憶あります。

このシャルムは私の中でワインの比較する時のベースの感覚のひとつとなり、子供の生まれ年だったという点としても記憶に残るワインになりました。

ソシアンドマレはまだ若いけどようやく飲み頃。この間99だったか98だったかをあけましたが、飲み頃の段階としてはそれほどかわらず。

りんごのタルト

デザートがうまい。リースリングと共に。
これお持ち帰りしたいくらいなんですけど・・・
いつも通り皮をむくのが手間との事。生地も手作り。

アフター:

やはりアフターは欠かせません。今回は2011のタイプと大きく違うジャン・フルニエのジュヴレ・シャンベルタン。平野弥さんとしては定番ワインですが、背景が面白かったです。

今回も美味しい料理と楽しい時間をありがとうございました!

次回は冬に第一回の時からリクエストし続けたコンソメスープの登場を予定しています!

同僚と会社でボーカステル88などを飲んだ

最近ワインにはまっている同僚が遠方から職場にきたので飲みました

ワインリスト

  • 生産者:シャトー・ド・ボーカステル
    • 1988年 シャトー・ヌフ・デュ・パプ
  • 生産者:ヴァンサン・ドーヴィサ
    • 2007年 プティ・シャブリ

NOTE:

体調を崩していたり、週末になにかしら予定がはいっていたので久しぶりのワインです。

このワインをあけるきっかけは些細なもので

同僚:「出張でそちらにいきます」
私:「飲みの予定はいっている?」
同僚:「まだ」
私:「じゃあ、ワイン飲む?」
同僚:「いいですねー」
私:「自宅のセラーに転がっているやつもってきます」
同僚:「やった」

こんな感じで話が進んで、会社で酒盛りをやりました。
会社で飲むと飛び入り参加の人もいるので、3本持っていったのですが今回は2本で足りました。:)

熟成させたボーカステルは美味しいと聞いていたのですが、噂通りの素晴らしさ。ボルドーのグランヴァンと比べても(一緒に飲んだ訳ではないですが)クオリティレベルに遜色がないように感じました。1時間程たった頃の余韻の広がり方がすごいかったです。購入価格に見合った品質でリピートしたくなってしまうインパクト。美味しいワインと楽しい会話は幸せなひとときでした。

もう一本のシャブリは今年の始めに飲んだものと同じロットなのですが、ワインに落ち着きがでてきたのかすごく美味しくなっていました。前回の印象は「酸っぱくてフラット」だったのが、今回のボトルは「酸が強めのジューシーな白」という好みのスタイルに変貌。格でいうとボーカステルとは数段階も違うのに一緒に飲んでも見劣りしませんでした。

総括

  • ワインを外に持ち出してふるまう時にすべらないモノを持っていくの大事
    • 時には冒険も必要
  • セラー的に
    • プティシャブリあと数本買っておけば良かった
      • 普通のシャブリでもいいわけなんですが…
    • 我が家のリビングのセラーの中も少し空きがでてきたのでそろそろ補充と整理をしたい

色々と過ごしやすい季節になってきたので、バシバシワインをあけているといいなぁ。

ヴァンサン・ドーヴィサのプティ・シャブリで特徴を確かめるはずが…

ドーヴィサのプティ・シャブリで傾向を知りたかったのですが…

WINE:

  • ビンテージ:2007
  • 生産者:ドメーヌ・ヴァンサン・ドーヴィサ
  • 産地:プティ・シャブリ

日時

  • 2011年1月12日(22時頃)
  • 月齢 8.2・小潮上弦の月
  • 栓抜時:潮位(125)方向(マイナス)
  • 当日潮位:満潮(176)干潮(94)

NOTE:

「今年最初のワインはこれだ!」というのは嘘です。先週、私の夫妻と先方の夫妻でチーズフォンデュを食べる会を開きワインを飲みました。その時は3人で3本を空けるという量的には多く飲んでしまったのですが、セーブしつつ飲んだので酔いは大丈夫でした。ヴィレーヌのACブルゴーニュ2008の酸がアリゴテ並にとても強かった事は今でも覚えています。あと、2本はヴォルネイ1erとボルドーを飲みました。ヴォルネイ1erは02だったのにまだまだこなれていなかったなぁ。*1

さて、今回飲んだプティ・シャブリです。ドーヴィサを飲んだ事なかったので、1本近々お試しで飲んで、もう1本は3〜5年くらい熟成させて飲もうと思っていたのですが、買ったショップから怒同ヴィンテージのドーヴィサ・シャブリ1erセールのお知らせが届いたので、ワインの状態*2と好みにあったら買い足そうと思ってあけました。が・・・一口飲んで、購入手続を進めた所で「売り切れ」になってしまいました。悲しすぎます。

ということで、ゆっくりドーヴィサの底辺をキュベを味わって今後の機会に期待します。

香りは南国フルーツと少し弱めの樽香がします。味は酸味がワインの中心にあって薄めの味わいでフラット。バランスがいいのですが、今の時点でフレッシュさで美味しいとも言えず、スケールもないのでわりと平凡なワインに感じました。香りが自然な感じに心地良いので、わりと酸が強めなこのワインが落ち着くと好みの味わいになっていると想像がつきます。ただ、このワインの薄いと感じた部分がシモン・ビーズのサヴィニー・ヴェルジュレス2001みたいになる要素があるかなと。

このワインでこれだけカッチカッチなのでプルミエクリュなんて今の段階では飲めた物じゃないんでしょう。きっと。このボトルは私の好みをジャストで突いてこなかったですけど、一番下のキュベでこれだけのバランスがとれているのだから、いい作り手ということには納得しました。

まとめ

ドーヴィサのプティ・シャブリといえど早飲みに向いていないかも。
これなら、プティ・シャブリじゃなくて1erやレ・クロなどのレンジを買った方が飲むシチュエーションを想像しやすい。

絶対的に飲みたいワインではないけど、安ければ買って熟成させて飲みたいワインでした。

*1:自分向けへのメモ

*2:たぶん正規インポータではなく、聞いた事がない所だったのでまとめ買いのリスクを避ける為

74種類のブルゴーニュワインの試飲会 ルイ・ジャド・エキスポ2010に参加した

日本で唯一のルイ・ジャド正規インポータ主催*1のルイ・ジャドのワイン試飲会に参加しました。

ワインリスト

  • 生産者
    • LOUIS JADOT(ルイ・ジャド)
    • ドメーヌもの
    • ネゴシアンもの
    • 提携(買収)もの
試飲提供されたブルゴーニュワイン74種類
  • 凡例
    • 太字:当日飲んだワイン
    • 赤:当日とても印象に残って自分好みのワイン
    • 緑:今飲んでおいしい
    • 青:気に入った値段に対してお買い得
    • ★:堅い(もしくは渋味やミネラルいっぱい)
    • ▲:甘い(甘いと良いワインは等しいわけではない)
    • 取り消し線:温度が適温でなくてよい状態では飲めなかったワイン
  • シャブリ
    • ▲シャブリ・エリエ・ド・ラ・サブリエール 2008
    • ▲シャブリ・フルショーム 2007
  • マルサネ
    • マルサネ・ルージュ 2007
  • ジュヴレ・シャンベルタン
    • ジュヴレ・シャンベルタン村名 2007
    • シャペル・シャンベルタン 2006
    • シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ 2006
    • ジュブレ・シャンベルタン・クロ・サン・ジャック 2006
  • モレ・サン・ドニ
  • シャンボール・ミュジニー
    • シャンボール・ミュジニー村名 2006
  • ヴージョ
  • クロ・ド・ヴージョ 2006
  • ヴォーヌ・ロマネ
    • ヴォーヌ・ロマネ村名 2007
  • コート・ニュイ・ヴィラージュ
    • コート・ニュイ・ヴィラージュ ルージュ・ル・ヴォークラン 2007
    • コート・ニュイ・ヴィラージュ ブラン・ル・ヴォークラン 2006
  • ペルナン・ヴェルジュレ
    • ペルナン・ヴェルジュレス・クロ・ド・ラ・クロワ・ピエール 2007
  • アロース・コルトン
  • サヴィニー・レ・ボーヌ
    • サヴィニー・レ・ボーヌ・ラ・ドミノード 2006
  • ボーヌ
    • ボーヌ・クロ・デ・ズルシュール 2006
    • ボーヌ・レ・グレーヴ 2005
    • ボーヌ・クロ・デ・クシュロー 2005
    • ボーヌ・レ・トゥーロン 2005
    • ボーヌ・ブレシュロット 2005
    • ボーヌ・ブレッサンド 2006
  • コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ
    • コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ 2007
  • ポマール
    • ★ポマール村名 2007
    • ポマール・ラ・コマレンヌ 2007
  • ヴィルネイ
    • ヴォルネイ・クロ・ド・バール 2005
  • オークセイ・デュレス
    • オークセイ・デュレス村名・ルージュ 2006
    • オークセイ・デュレス村名・ブラン 2007
  • ムルソー
  • ピュリニー・モンラッシェ
    • ピュリニー・モンラッシェ村名 2007
    • ★ピュリニー・モンラッシェ・フォラティエール 2006
    • ★ピュリニー・モンラッシェ・クロ・ド・ラ・ガレンヌ 2006
    • シュヴァリエ・モンラッシェ・レ・ド・モワゼル 2006
  • シャサーニュ・モンラッシェ
    • シャサーニュ・モンラッシェ村名ブラン 2005
    • ▲シャサーニュ・モンラッシェ村名ルージュ 2007
    • ★シャサーニュ・モンラッシェ・モルジョ・クロ・シャペル・ブラン 2006
  • サン・トーバン
    • サン・トーバン村名 2006
  • サントネー
    • サントネー・クロ・ド・マルト・ルージュ 2005
    • サントネー・クロ・ド・マルト・ブラン 2006
  • メルキュレ
    • メルキュレ村名ルージュ 2006
  • ジブリ
  • プィィ・フュイッセ
    • プィィ・フュイッセ村名 2008
    • プィィ・フュイッセ・クロ・デ・ブルージュ 2006
  • マコン
    • マコン・ヴィラージュ・グランジュ・マニアン 2008
    • サン・ヴェラン 2007
  • プィィ・フュイッセ・フェレ
    • プィィ・フュイッセ・フェレ村名 2008
    • プィィ・フュイッセ・フェレ・ル・クロ 2008
    • プィィ・フュイッセ・フェレ・レ・メネトリエール 2008
  • ボジョレ
    • 24種類(書く気力尽きました)

日時

NOTE:

長かった・・・
ワインリストを書くの疲れました。

当日は、ホテル地下の大きな会場で開催でした。開始時間ぴったりに着いたのですが、これでもかというくらい人でごった返していました。テイスティンググラスを1客とって後は自由。

大きく分けてワインは7つのブースに分かれていました。*2

  • シャブリとニュイのブース
  • ボーヌの赤のブース
  • ボーヌの白のブース
  • マコンのブース
  • ボジョレーのブース
  • ACブル&8Lボトル展示のブース
  • ブラインドテイスティングのブース
ブース1

当然最初に向かったのは、ボーヌ白のブースです。オークセイ・デュレス白から始まりシャサーニュ白まで一通り試飲しました。びっくりしたのはムルソー。自分のイメージするムルソーとぴったりで、たぶんブラインドでも当たりました。こんなにボーヌの白があったのに私のセンサーはムルソーをジャストに感じる事ができたというはうれしい。逆を言うとジャドは村の特徴を表しているということなのでしょうか。

ピュリニーよりシャサーニュの方が美味しく感じました。2006のプルミエはまだまだ飲むのには早いなぁと・・・ シャサーニュのプルミエも同様です。

中でも良かったのがサン・トーバン。ちょっと格が落ちるのかなぁと予想していたのですが、見劣りすることもなくて美味しかったです。

そして、ボーヌ白を一通り飲んだ所で、限定時間提供のクロ・サン・ジャックを頂きました。透明感と奥行きがあって綺麗で美味しい。クレール・ダユから譲り受けた畑のひとつらしく、クロ・ド・ヴージョもそうみたい。クロ・サン・ジャックの方がクロ・ド・ヴージョより美味しかったです。

  1. クロ・サン・ジャック
  2. ヴォルネイ・クロ・ド・ラ・バール
  3. クロ・ド・ヴージョ

の順で飲んだのですが、全て格は同じレベルに感じました。クロ・サン・ジャックとクロ・ド・ヴージョは優しい味だったのですが、クロ・ド・ラ・バールは濃くてジャミーでした。クロ・ド・バールは格で落ちるかなと思っていたのですが、見劣りしませんでした。クロ・ド・ラ・バールいい感じです。

ブース2

次は2本シャブリ。

飲んだ時にミネラルを強く感じません。フルーティで甘く感じるのですが、酸の支えがあまりありませんでした。グラスワインで飲むのにはいいかもしれませんが、フルボトル1本飲むとするとちょっとだれそう。美味しいとは思うのですが好みかというと、そうではないかも。最後の方に飲んだACブルゴーニュブランの3本は同じタイプに感じました。

ボーヌの白とは明らかに作りが違います。

続いて同じブースのニュイの村名です。下記4本を飲むのにどの順番で飲んだら良いかを尋ねて試飲しました。力強い順だそうです。*3

  1. モレ・サン・ドニ
  2. ジュヴレ・シャンベルタン
  3. シャンボール・ミュジニー
  4. ヴォーヌ・ロマネ

この中では、ヴォーヌ・ロマネが飛び抜けて美味しかったです。モレ・サン・ドニは果実味が濃くて、クロ・サン・ジャックより濃く感じました。綺麗というのには程遠かったです。悪くはないのですが・・・
シャンボールはバランスがよいのですが、この4本とも温度が高くて良い状態で試飲できなかったが残念でした。きっと、本来ならもっと美味しいんでしょう。

このあたりで、人のピークがすごくて、限定試飲のコルトン・シャルルマーニュに50人〜100人くらいの数で並んでいたのでコルシャルはパスしました。グラン・クリュのパワーは恐るべし。同じ理由でクロ・ド・ベーズもパス。

今回のジャド試飲会の目的としては貴重なワインではなく、特徴の違いを体験したかったのが大きかったので。

ブース3

続いて、ボーヌの赤。
ここのブースは地味(ボーヌの赤に失礼w)だから人気があまりなかったです。

全部を試飲するのはきつかったので、ボーヌ村はいくつかパスしました。このボーヌブースの中に当日のベストワインがありました。それは「サヴィニー・レ・ボーヌ・ラ・ドミノード」びっくりしました。飛び抜けて美味しかったです。クロ・サン・ジャックとは違う方向ですがスケールは別にして同じレベルで美味しかったです。この内容でこの値段は安すぎです。

コルトンはちょっとタンニンが強くて今はまだきつかったです。この頃にはかなりアルコールが回っていて正常な判断やテイスティングができなくなっていました・・・
ポマール・ラ・コマレンヌも良かったです。

ブース4

テイスティングコーナーでは1本目が「ボジョレー」のワインだということだけはわかりましたが、惨敗です。2〜4本目もボジョレーだったのですが、それぞれ特徴があって美味しかったです。3本目だけは好みではなかったかも。

ブース5

最後にマコンブース。

温度があがってしまっていたワインがあったり、美味しく感じなかったワインもありました。マコンは好きなのに残念。特にプィイ・フュイッセ・フェレが残念な結果でした。酔いが回っていたのも重なったからかもしませんが・・・

全体的に思った事は、スタッフはワインを注ぐのに手を取られてしまい、まともに会話できるのは閑散としているブースのみ。「でも聞きたいのは今飲んでいるワインについてなんだよー」と・・・
大人数での試飲会ですからしょうがないことです。

そして無事、試飲終了。40種類飲みました。たくさん飲むつもりではなかったけど、ついつい色々なワインにつられて飲んでしまいますね。

生産者からのお話
  • 名前はギョーム・ド・カステルノー
    • 45歳
    • ワインのテロワールを表現
      • いつも音楽に例えているとの事
  • ボジョレー地区の担当
    • ルイ・ジャドでかいよ
  • 司会進行が微妙
    • みんなが生産者に注目しているわけではなかった
      • 試飲ワインに夢中すぎw
      • 参加者の人数の割に生産者の方はひっぱりだこという状態ではなかった
質問タイム

なんてあったっけな??
よく覚えていない。個別質問だったかな?

まとめ
  • 人多い
    • 2時間の中とう制限の中で目玉ワインに釣られて10分〜20分ロスは辛い。
  • ワイン
    • 種類多い
    • 素人には全部試飲できっこない
      • アイテム数を減らしてもう少しゆったり試飲したらよかった
    • ルイ・ジャドは作りによって様々
      • 好みのワインを見つけるのは楽しい
  • 状態
    • 搬入は3日前にしたらしい
      • 差し引いても状態が最上なワインとは言い難い
      • 温度管理ができていなかったのが痛かった。
        • ワインクラーだけでなくクーラーボックス用意したらよかったのに
  • 値段
    • 試飲会費としては安い!!
    • ワインは比較的高い。実売はもっと安いと思うけど。
  • 会場
    • キャパに対して人が多いので狭く感じた
    • 気のいいマダムとしゃべった
      • 唯一5分ほど並んだシュバリエの列で白ワインの話しが弾む!!

タイトな時間の中での試飲会でしたが貴重な体験ができました。
日本リカーさんありがとうございました。

記念写真

*1:主催の日本リカーさん曰く

*2:それぞれのブースでさらに細かく別れてはいました。

*3:ヴォーヌ・ロマネは言い忘れたので他3本の順

J.CHATELAIN シャブリ Cuvve Speciale 2002

ワインのラベルを見たらわかると思うのですが、GOTOスペシャルです。
GOTOさんのお勧めで、個人的に前から興味のあったこのワインです。

シャブリ Cuvve Speciale

  • ビンテージ:2002
  • 生産者:J.CHATELAIN


コルクを抜いた瞬間わかりました。「スゴイ」と・・・
香りは新樽100%だけあって、あの香りなんですがかなり強烈です。
遅摘みとのことです。2002という良いビンテージも後押ししているのかな。


パワーがすごい。
でも、飲んでみるとワインとしてカスタードのニュアンスとかハチミツのニュアンスとか本当に旨かったです。
超一流の作り手のトップラインにも見劣りしないのでは??と思ってしまうほど。
文句のつけようがありません。今年飲んだワインで一番美味しかったです。(シャトー・フュッセの特別キュベくらい)

値段の記載は控えておきますが、
ワインの質に対して値段は安いです。

あと2本くらい欲しいのですが、生産量も少なく譲ってもらえるかどうか微妙。
こんなワインをレストランで普通に出されたらきっと、ワインを好きになってしまうでしょう。
プレゼント用にも欲しい。

ワインを話の中から「このワインどう?」と紹介してくれて、ゆっくりと購入ができる雰囲気も良いです。
お茶とか出してくれたりして・・・

この日に感動した出来事が1個ありました。それは後ほど!!