モンショーヴのワインをサントーバンで再確認

先日のシャサーニュがモヤっとしていたのでサントーバンをあけてみました

WINE:

  • ビンテージ:2011
  • 生産者:ドメーヌ・オー・ピエ・ デュ・モンショーヴ
  • 産地:サン・トーバン
  • 畑:シャルモワ(プルミエ・クリュ)

日時

  • 2015年1月31日(21時頃)
  • 月齢 -・-・-
  • 栓抜時:潮位(-)方向(-)
  • 当日潮位:満潮(-)干潮(-)

NOTE:

クリームシチューが夕食にでたのでそれに合わせてあけました。

前回1年前に飲んだ時は好印象で買い増したいと言っていたけど、その結果はどうでしょう。

あけてみると、前回とシャサーニュと同じく閉じています。傾向は同じです。ところが1時間ほど経ってきた頃変化が出てきて、明らかにシャサーニュでは見られなかった厚みやミネラル感がでてきてます。期待していたのはコレコレと心の中で気持ちが踊りました。
シャサーニュもサントーバンの両方ともフレッシュな果実味が衰退して熟成感がでる直前の状態。どちらもないのでインパクトが弱い静かなワインに感じるんですよね。これから熟成感がでてきたらきっと美味しくなる。個人的にはサントーバンはお買い得だと思うので、在庫があればまた買いまして、5年後くらいに飲んでみたい。

夕食後は寝酒にしてチビチビ(ゴクゴクともいいますが)やりました。

凄みを感じたサン・トーバン

サン・トーバンでここまでポテンシャルを感じさせるのは凄いです

WINE:

  • ビンテージ:2011
  • 生産者:ドメーヌ・オー・ピエ・ デュ・モンショーヴ
  • 産地:サン・トーバン
  • 畑:シャルモワ(プルミエ・クリュ)

日時

  • 2015年3月14日(19時頃)
  • 月齢 -・-・-
  • 栓抜時:潮位(-)方向(-)
  • 当日潮位:満潮(-)干潮(-)

NOTE:

平野弥で購入したワイン。

自社輸入ものじゃないけど、状態もよく作りも良く今美味しいとのこと。さらにMさんお勧めの生産者ということで期待も持てます。

今飲んで美味しいのがサン・トーバンということでこちらを購入したのですが、シャサーニュが本拠地のようで気に入ればシャサーニュも買いますということで、まずはお試しという感じです。

随分前にあけたので細かい部分は覚えておらず、とにかくピュアで綺麗さが好印象だったような。。。
カリヨンのサン・トーバンを飲んだ時は雑味や荒さを感じるな(カリヨンのピュリニーはそうではなかったです)と思ったのですが、こちらはうまく作っているなと思いました。

子供の生まれ年ということもあり、この生産者の在庫があれば買い足したいと思いました。

74種類のブルゴーニュワインの試飲会 ルイ・ジャド・エキスポ2010に参加した

日本で唯一のルイ・ジャド正規インポータ主催*1のルイ・ジャドのワイン試飲会に参加しました。

ワインリスト

  • 生産者
    • LOUIS JADOT(ルイ・ジャド)
    • ドメーヌもの
    • ネゴシアンもの
    • 提携(買収)もの
試飲提供されたブルゴーニュワイン74種類
  • 凡例
    • 太字:当日飲んだワイン
    • 赤:当日とても印象に残って自分好みのワイン
    • 緑:今飲んでおいしい
    • 青:気に入った値段に対してお買い得
    • ★:堅い(もしくは渋味やミネラルいっぱい)
    • ▲:甘い(甘いと良いワインは等しいわけではない)
    • 取り消し線:温度が適温でなくてよい状態では飲めなかったワイン
  • シャブリ
    • ▲シャブリ・エリエ・ド・ラ・サブリエール 2008
    • ▲シャブリ・フルショーム 2007
  • マルサネ
    • マルサネ・ルージュ 2007
  • ジュヴレ・シャンベルタン
    • ジュヴレ・シャンベルタン村名 2007
    • シャペル・シャンベルタン 2006
    • シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ 2006
    • ジュブレ・シャンベルタン・クロ・サン・ジャック 2006
  • モレ・サン・ドニ
  • シャンボール・ミュジニー
    • シャンボール・ミュジニー村名 2006
  • ヴージョ
  • クロ・ド・ヴージョ 2006
  • ヴォーヌ・ロマネ
    • ヴォーヌ・ロマネ村名 2007
  • コート・ニュイ・ヴィラージュ
    • コート・ニュイ・ヴィラージュ ルージュ・ル・ヴォークラン 2007
    • コート・ニュイ・ヴィラージュ ブラン・ル・ヴォークラン 2006
  • ペルナン・ヴェルジュレ
    • ペルナン・ヴェルジュレス・クロ・ド・ラ・クロワ・ピエール 2007
  • アロース・コルトン
  • サヴィニー・レ・ボーヌ
    • サヴィニー・レ・ボーヌ・ラ・ドミノード 2006
  • ボーヌ
    • ボーヌ・クロ・デ・ズルシュール 2006
    • ボーヌ・レ・グレーヴ 2005
    • ボーヌ・クロ・デ・クシュロー 2005
    • ボーヌ・レ・トゥーロン 2005
    • ボーヌ・ブレシュロット 2005
    • ボーヌ・ブレッサンド 2006
  • コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ
    • コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ 2007
  • ポマール
    • ★ポマール村名 2007
    • ポマール・ラ・コマレンヌ 2007
  • ヴィルネイ
    • ヴォルネイ・クロ・ド・バール 2005
  • オークセイ・デュレス
    • オークセイ・デュレス村名・ルージュ 2006
    • オークセイ・デュレス村名・ブラン 2007
  • ムルソー
  • ピュリニー・モンラッシェ
    • ピュリニー・モンラッシェ村名 2007
    • ★ピュリニー・モンラッシェ・フォラティエール 2006
    • ★ピュリニー・モンラッシェ・クロ・ド・ラ・ガレンヌ 2006
    • シュヴァリエ・モンラッシェ・レ・ド・モワゼル 2006
  • シャサーニュ・モンラッシェ
    • シャサーニュ・モンラッシェ村名ブラン 2005
    • ▲シャサーニュ・モンラッシェ村名ルージュ 2007
    • ★シャサーニュ・モンラッシェ・モルジョ・クロ・シャペル・ブラン 2006
  • サン・トーバン
    • サン・トーバン村名 2006
  • サントネー
    • サントネー・クロ・ド・マルト・ルージュ 2005
    • サントネー・クロ・ド・マルト・ブラン 2006
  • メルキュレ
    • メルキュレ村名ルージュ 2006
  • ジブリ
  • プィィ・フュイッセ
    • プィィ・フュイッセ村名 2008
    • プィィ・フュイッセ・クロ・デ・ブルージュ 2006
  • マコン
    • マコン・ヴィラージュ・グランジュ・マニアン 2008
    • サン・ヴェラン 2007
  • プィィ・フュイッセ・フェレ
    • プィィ・フュイッセ・フェレ村名 2008
    • プィィ・フュイッセ・フェレ・ル・クロ 2008
    • プィィ・フュイッセ・フェレ・レ・メネトリエール 2008
  • ボジョレ
    • 24種類(書く気力尽きました)

日時

NOTE:

長かった・・・
ワインリストを書くの疲れました。

当日は、ホテル地下の大きな会場で開催でした。開始時間ぴったりに着いたのですが、これでもかというくらい人でごった返していました。テイスティンググラスを1客とって後は自由。

大きく分けてワインは7つのブースに分かれていました。*2

  • シャブリとニュイのブース
  • ボーヌの赤のブース
  • ボーヌの白のブース
  • マコンのブース
  • ボジョレーのブース
  • ACブル&8Lボトル展示のブース
  • ブラインドテイスティングのブース
ブース1

当然最初に向かったのは、ボーヌ白のブースです。オークセイ・デュレス白から始まりシャサーニュ白まで一通り試飲しました。びっくりしたのはムルソー。自分のイメージするムルソーとぴったりで、たぶんブラインドでも当たりました。こんなにボーヌの白があったのに私のセンサーはムルソーをジャストに感じる事ができたというはうれしい。逆を言うとジャドは村の特徴を表しているということなのでしょうか。

ピュリニーよりシャサーニュの方が美味しく感じました。2006のプルミエはまだまだ飲むのには早いなぁと・・・ シャサーニュのプルミエも同様です。

中でも良かったのがサン・トーバン。ちょっと格が落ちるのかなぁと予想していたのですが、見劣りすることもなくて美味しかったです。

そして、ボーヌ白を一通り飲んだ所で、限定時間提供のクロ・サン・ジャックを頂きました。透明感と奥行きがあって綺麗で美味しい。クレール・ダユから譲り受けた畑のひとつらしく、クロ・ド・ヴージョもそうみたい。クロ・サン・ジャックの方がクロ・ド・ヴージョより美味しかったです。

  1. クロ・サン・ジャック
  2. ヴォルネイ・クロ・ド・ラ・バール
  3. クロ・ド・ヴージョ

の順で飲んだのですが、全て格は同じレベルに感じました。クロ・サン・ジャックとクロ・ド・ヴージョは優しい味だったのですが、クロ・ド・ラ・バールは濃くてジャミーでした。クロ・ド・バールは格で落ちるかなと思っていたのですが、見劣りしませんでした。クロ・ド・ラ・バールいい感じです。

ブース2

次は2本シャブリ。

飲んだ時にミネラルを強く感じません。フルーティで甘く感じるのですが、酸の支えがあまりありませんでした。グラスワインで飲むのにはいいかもしれませんが、フルボトル1本飲むとするとちょっとだれそう。美味しいとは思うのですが好みかというと、そうではないかも。最後の方に飲んだACブルゴーニュブランの3本は同じタイプに感じました。

ボーヌの白とは明らかに作りが違います。

続いて同じブースのニュイの村名です。下記4本を飲むのにどの順番で飲んだら良いかを尋ねて試飲しました。力強い順だそうです。*3

  1. モレ・サン・ドニ
  2. ジュヴレ・シャンベルタン
  3. シャンボール・ミュジニー
  4. ヴォーヌ・ロマネ

この中では、ヴォーヌ・ロマネが飛び抜けて美味しかったです。モレ・サン・ドニは果実味が濃くて、クロ・サン・ジャックより濃く感じました。綺麗というのには程遠かったです。悪くはないのですが・・・
シャンボールはバランスがよいのですが、この4本とも温度が高くて良い状態で試飲できなかったが残念でした。きっと、本来ならもっと美味しいんでしょう。

このあたりで、人のピークがすごくて、限定試飲のコルトン・シャルルマーニュに50人〜100人くらいの数で並んでいたのでコルシャルはパスしました。グラン・クリュのパワーは恐るべし。同じ理由でクロ・ド・ベーズもパス。

今回のジャド試飲会の目的としては貴重なワインではなく、特徴の違いを体験したかったのが大きかったので。

ブース3

続いて、ボーヌの赤。
ここのブースは地味(ボーヌの赤に失礼w)だから人気があまりなかったです。

全部を試飲するのはきつかったので、ボーヌ村はいくつかパスしました。このボーヌブースの中に当日のベストワインがありました。それは「サヴィニー・レ・ボーヌ・ラ・ドミノード」びっくりしました。飛び抜けて美味しかったです。クロ・サン・ジャックとは違う方向ですがスケールは別にして同じレベルで美味しかったです。この内容でこの値段は安すぎです。

コルトンはちょっとタンニンが強くて今はまだきつかったです。この頃にはかなりアルコールが回っていて正常な判断やテイスティングができなくなっていました・・・
ポマール・ラ・コマレンヌも良かったです。

ブース4

テイスティングコーナーでは1本目が「ボジョレー」のワインだということだけはわかりましたが、惨敗です。2〜4本目もボジョレーだったのですが、それぞれ特徴があって美味しかったです。3本目だけは好みではなかったかも。

ブース5

最後にマコンブース。

温度があがってしまっていたワインがあったり、美味しく感じなかったワインもありました。マコンは好きなのに残念。特にプィイ・フュイッセ・フェレが残念な結果でした。酔いが回っていたのも重なったからかもしませんが・・・

全体的に思った事は、スタッフはワインを注ぐのに手を取られてしまい、まともに会話できるのは閑散としているブースのみ。「でも聞きたいのは今飲んでいるワインについてなんだよー」と・・・
大人数での試飲会ですからしょうがないことです。

そして無事、試飲終了。40種類飲みました。たくさん飲むつもりではなかったけど、ついつい色々なワインにつられて飲んでしまいますね。

生産者からのお話
  • 名前はギョーム・ド・カステルノー
    • 45歳
    • ワインのテロワールを表現
      • いつも音楽に例えているとの事
  • ボジョレー地区の担当
    • ルイ・ジャドでかいよ
  • 司会進行が微妙
    • みんなが生産者に注目しているわけではなかった
      • 試飲ワインに夢中すぎw
      • 参加者の人数の割に生産者の方はひっぱりだこという状態ではなかった
質問タイム

なんてあったっけな??
よく覚えていない。個別質問だったかな?

まとめ
  • 人多い
    • 2時間の中とう制限の中で目玉ワインに釣られて10分〜20分ロスは辛い。
  • ワイン
    • 種類多い
    • 素人には全部試飲できっこない
      • アイテム数を減らしてもう少しゆったり試飲したらよかった
    • ルイ・ジャドは作りによって様々
      • 好みのワインを見つけるのは楽しい
  • 状態
    • 搬入は3日前にしたらしい
      • 差し引いても状態が最上なワインとは言い難い
      • 温度管理ができていなかったのが痛かった。
        • ワインクラーだけでなくクーラーボックス用意したらよかったのに
  • 値段
    • 試飲会費としては安い!!
    • ワインは比較的高い。実売はもっと安いと思うけど。
  • 会場
    • キャパに対して人が多いので狭く感じた
    • 気のいいマダムとしゃべった
      • 唯一5分ほど並んだシュバリエの列で白ワインの話しが弾む!!

タイトな時間の中での試飲会でしたが貴重な体験ができました。
日本リカーさんありがとうございました。

記念写真

*1:主催の日本リカーさん曰く

*2:それぞれのブースでさらに細かく別れてはいました。

*3:ヴォーヌ・ロマネは言い忘れたので他3本の順

熟成の域に入ってきたルフレーヴの白

ある意味期待どおり。

WINE:

  • ビンテージ:2000
  • 生産者:オリヴィエ・ルフレーヴ
  • 産地:サン・トーバン
  • 畑:アン・レミー(プルミエ・クリュ)

日時

  • 2009年5月6日(20時頃)
  • 月齢 28.3・中潮・マイナス周期
  • 栓抜時:潮位(130)方向(マイナス)
  • 当日潮位:満潮(182)干潮(12)

NOTE:

最近特にワインが飲みたくなります。
今日は2回目となる同じロットのオリヴィエ・ルフレーヴ。

ルフレーヴといっても、オリヴィエのほうです。

前回より熟成感がでています。ちょうどの見ごろの様子。
畑はモンラッシェの反対側というと聞こえはいいが、それなりのポテンシャルだと思います。

香りは熟成香がわかりますが、ワイン自身は酸の際立ちが目立ち少しバランスがよくないです。
悪くはないが旨いと感じる要素が抜けてしまっている印象です。

値段なりの品質はあると思うので、買って損したなぁは思いませんが特別な時に空けたとしたら残念なことに。
ちょっとだけ冷やして飲むといい感じになりました。

ボーヌの大御所のワインを飲む【ドーメヌ・ラモネ】

「ボーヌの白の作り手でこれは飲んでおいた方がいいって作り手のワインが飲みたい」といってリクエストして、購入したワインです。


WINE

  • ビンテージ:2005
  • 生産者:ドメーヌ・ラモネ
  • 産地:サン・トーバン
  • 畑:プルミエクリュ レ・シャルモア

NOTE:

ボーヌの生産者で5本の指に入るのは誰?とたぶんリストアップされるだろう生産者ですね。
名前は聞いた事があっても飲んだ事がないあこがれがあります。

他の選択肢としてコシュ・デュリのムルソーも在庫があって候補になっていたのですが、ラモネを選びました。
「ラモネってシャサーニュが本拠地ですよね?シャサーニュが気になるんですけど・・・・」って聞いたら、まずはACブルゴーニュかサン・トーバンを飲んでこの生産者の作りの特徴を知ってから買った方がいいよってアドバイスを頂いたので、市場に余り出回らず貴重なサン・トーバンを譲って頂きました。

新しいビンテージのドメーヌ・ラモネを買ってすぐ飲んで「ラモネは駄目だね」という人もいるけど、ラモネのワインに限らずだけど日本に仕入れてから最低1年くらいは休ませてあげないと、本来の良さはわからない。とのこと。

お店から家まで車で30分の距離なのでワインもそれほど疲れていないと思い、2週間ほどセラーで休ませてから飲みました。
ここ最近は素晴らしいボーヌの白を色々飲んだので、比較が楽しみです。

まずコルクを抜いて思ったのが、コルクが上質です。
香りはやや閉じているのか弱めですが、ワイン自身はすごい。

色は薄めなのに液体の濃縮度が高い。
ミネラルがすごく強く尖っていると感じるくらい・・・
バランスがよくて奥行きもあります。このまとまり方がすごい。
樽香はそれほど強くなかったです。

第一印象が「今飲んでもったいなかったなー。あと7〜8年後に飲みたい。」と思いました。
ガチガチの固さとまではいかないけど、この素直な良さは伝わってきました。
好きなタイプなワインです。スルスルと1本あけてしまいました。

ドーヴネのオークセイと比べるとスケールは小さいと感じたですが、熟成したラモネを一度味わってみたいものです。

オリヴィエ・ルフレーヴのサン・トーバン アン・ルミイィ2000を飲んだ

購入価格:1300円(ハーフボトル)

結構安くで売られていたので、気になって3本買ってみました。
このワインに付随してきた情報はこんな感じ

  • モンラッシェ(GrandCruの)の隣の南西向き畑。
  • プルミエ・クリュ
  • ドメーヌ・ルフレーヴの血族
    • オリヴィエはネゴシアンだが自社畑も持っていてドメーヌ物も少しだけある。
  • ネゴシアンものも、オリヴィエがきちんと指示して品質管理している。
  • ビリュニー・シャサニー・ムルソーに囲まれている村
  • インポーターの在庫処理の関係で安かった

気になったのはモンラッシェの隣畑ということと、ルフレーヴの血族で先代のクリーンな作りを意識してネゴシアンということ。
あとは、自社畑(オリヴィエ・ルフレーブのドメーヌもの)なのか?と届くまでわかりませんでした。


届いたラベルをくまなく見てみましたが、ドメーヌ表記はなかったので、ドメーヌものではなかった模様。


そんなこんなで、色んな事を楽しみにしながら飲みました。


頂き物のチーズと一緒に。
ロックフォールは食べませんでした。



ワインの色はやや黄色っぽい。


コルクは1/4くらいまでワインが染みていて、上質のコルクが使われていました。
香りはやや弱く、期待していた熟成香はあまり感じませんでした。


一口飲んだ時の印象は、小さくまとまったワイン


香りに比例するかのように酒質が少し弱かったです。クリーンと言われればそうなのかもしれないですが、複雑性が少し足りない。
でも、旨いかどうかと言われると、旨いと思います。チーズを食べる前にワインだけを少し飲んでいたんですけど、するすると飲んでしまう。
チーズを一緒に食べながらでも自然とワインに手を伸ばしてするすると入ってくる。


するすると入ってくるワインに悪いヤツはいない!
(人工的に飲みやすく加工してあるワインとは別物です。人工的な味を感じるとするすると入ってこないですよね・・・)


今飲んで美味しいと思いました。


酸はとがっていなかったが、キレもない。というか酸自体が余り感じられなかった。(うまい酸が好きな私には残念)
ちょっと葡萄の果実味がないところが、薄く感じてしまったのかも。


売店の多くが書いていたように、この値段でこの中身なら納得(満足)という感じです。
隣の畑モンラッシェを期待して飲むとがっくりすると思います。
オリヴィエの事を調べていたら、2001のサン・ロマンがDRCのモンラッシェ双璧という煽りを発見しましたが、びっくりですね。
今回飲んだ印象ではそれはありえないと思いました。


値段って正直だな。高いのには高い理由が。安いのには安い理由がある。
名言すぎる。