紅茶のシャンパンと呼ばれるヌワラエリヤを飲んだ

ひさびさにワイン以外の飲み物を

NOTE:

  • 2016年3月20日(23時頃)
  • 産地:スリランカ
  • 銘柄:ヌワラエリヤ紅茶
  • 茶園:コートロッジ茶園

ストレートティー向けのお茶っ葉を選びました。お休みの日はモーニングティーでミルクティー向けの茶葉、午後や夜はストレートティーを飲む事が多いです。子供がミルクティー好きなので自然とミルクティーが多くなりがちですが・・・

さてこの紅茶、バックラベルをみると...

スリランカの最高峰、標高1890mの高地から。ティーカップからは柑橘系の際立つ香り。そして若草のような青々しさ。飲むほどにコクとうまみがぐんぐん増し、高貴な香りと味は、紅茶のシャンパンとも。茶殻からは、桜餅のような香りがふんわり。

と書かれています。シャンパンかと言われると華やかさのイメージでは合っていますが、香りや口への広がり方はちょっと違うかも。少し渋味がありつつ単品でもいけて邪魔をしないので、シンプルなお菓子にぴったり。例えば、オレンジピールや蜜や餡こがかかってない団子などに。

この茶葉は渋味が苦手な私にとって好みです。もし、こういうタイプの茶葉をご存知の方がいたら教えてください!

女子が好きな東方美人をウェッジウッド・プシュケで飲んだ

台湾へ旅行に行った知り合いにお願いして東方美人を買ってきてもらいました。

NOTE:

東方美人は紅茶のようなフレバーがする台湾茶高山茶と並び台湾産として有名なお茶ですが、いつも購入してる中華街のお茶屋さん以外ではどんな品質なんだろう?と思って比べてみました。

飲んでみると、東方美人特有の香りがします。香りは甘さを感じさせるのに飲んでみるとお茶は甘くないという特徴そのまま。香りの立ち方が中華街のお茶屋さんのに比べて弱い気がします。ただ、カップをマグカップからウェッジウッドの口が開いているタイプにかえたら華やかさがかわりました。紅茶と同様にコーヒーカップやマグカップの用にエッジが直角のタイプより、こちらのタイプが良いなと感じました。

本当は飲み比べると分かりやすかったのかもしれないのですが、品質にそれ程違いはなかったので内容量を考えればすごくお買い得でした。*1

きっとお茶会などでこれを出したら喜んでもらえると思います。 :)

まとめ

  • 女子が好きなタイプ(というか妻が好きなお茶)
    • オムレツよりガチ
  • 砂糖入れる必要ないよ
  • 質より量を求めたら駄目なお茶*2

中国茶をたくさん飲んでいるのに全然記録に残していなかったので書いてみました!

*1:中華街のお土産系量販スーパーで買った四季春と台湾茶屋で買った品質の差はひどいものでした

*2:偽物には気をつけてくださいね!

緑が綺麗なウェッジ・ウッド・プシュケのカップ&ソーサーを買った

以前から欲しかったウェッジウッドのプシュケシリーズのカップ&ソーサーを買いました。
本来ティーカップは内側に模様があるのはお茶と干渉しあってあまりよくなかったり、お互いの良さを殺し合ってしまう。

でも、このプシュケは素敵(デザインにひとめぼれ)だったのでがんばって買いました。セージと同じく、ライトグリーン系の使い方が好みです。
1客あたりの値段がはるのでペア分しか購入できなかった・・・

リーデルのソムリエ並の価格帯だもんなぁ。

これでひとまず、紅茶用の食器はひとおおり揃える事ができたのでうれしい!

NOTE:

今日飲んだのはスリランカ紅茶のセイロン。

茶園名:ウバ ハイランズ(UVA HIGHLANDS)
産地:ウバ(UVA)
茶葉等級:BOP

ミルクティーにしてもストレートでもいけるタイプ。
ただ、濃厚ではないからミルクティーにした時に濃さを求め人にとっては物足りないかも。

今まで一番美味しかったのは、2002年だったかな?愛地球博スリランカパビリオンで飲んだチャイ(ミルクティー)でした。

あのチャイをもう一回飲みたいなぁ。

アンティークシルバーティーポットでスリランカ紅茶を飲んだ

オレンジ・ピールにあわせカレー博覧会で買ったスリランカ紅茶を飲みました。
シルバーカトラリーに続き、イギリス製のシルバーティーポットセットです。

紅茶はブルンズ・ウィックという濃いめのミルクティー向きの茶葉。
オレンジ・ピールと相性良くおいしいです。

美味しい飲み物はいいですね!!

シルバーティーポットセットについて

  • シルバープレート
  • 装飾はわりとシンプル
  • 使い込めばくすみは気にならなくなる

日頃から使い込むといい感じになります。
欲しいティーカップが見つかったので、お小遣いを貯めてさくっと買います!

中国茶(台湾茶)をまとめ買いしました

ひさびさにお茶の話を。
普段会社で中国茶を気分に合わせて飲んでいます。

残りが少なくなってきたので、買い足しました。

三本商事のおじいちゃん曰く「清茶は台湾ではもっともポピュラーな緑茶でどこのお茶屋さんでもふつうに置いている」そう。「まだ飲んだ事ないお茶でおすすめのってありますか?」って聞いたら毛蟹をおすすめされました。
霍山黄芽は850円と650円のものがあったのですが、質が全然違う別物だそうです。これは味を比べる為に安い方を買いました。安い方は甘味が弱いとのこと。黄茶のお気に入りは君山銀新です。ブルゴーニュピノ・ノワール)の雰囲気に似ています。

小分けにして明日会社に持っていこう…

梨山の高山茶を飲んだ

美容室に行った帰りに、三本商事に寄った。
お客の出入りも激しく、お茶を選んで店主に聞いて前回と違うタイプの高山茶を勧めて頂いた。

2600円かー。
安いなぁ。週末に飲んだワインと同じと思うと・・・
生産者とかはわかりますか?って聞いたけど、はぐらかされてしまった(^^;
梨山は生産区域が狭くて貴重らしい。
傾斜や土壌や高度や生産者の違いでタイプが違うという事を教えて頂いた。
その辺はワインと同じだな。。。

今回のシールは『凍頂烏龍茶』ではなく、『高山茶』というシールだった。
この違いは、三本商事さんのランク分けのこだわりかもしれないですね。


比較して飲んだわけじゃないから、何とも言えないけど、このお茶はすっきりした味わい。
渋味はないし、奥が深い味わい。香りは前回飲んだ福寿山の高山茶より香りは強い。

口に残る甘味は福寿山の高山茶の方が感じた。
こちらは少し上品な感じ。


3杯目・4杯目と飲んでいくうちに、口いっぱいに上品な甘味が残る。
今は、福寿山のものより口の中から沸いてくる甘味を強く感じる。

今度比較して飲んでみたい。

お土産に頂いた白犮玉を飲んだ

お土産で頂いたお茶を飲みました。
香港で買ったそうです。

  • お茶の名前:白犮玉


お茶自体には柑橘系の香りがしていました。
こんな小さな球状のお茶でもお湯を注げば大きな茶葉に様変わりします。


飲んでみると、柑橘系の香りから想像できる爽やかな感じのお茶でした。
後味も残るわけでもなく、さ〜っと口の中から引いていく感じ。

苦味も甘みもないお茶。

ご馳走様でした。